生きづらさ
内側からのバランス:感情を理解し心の平穏を手に入れる方法

感情と内側からのバランス 日常生活の中で、怒り、喜び、悲しみ、不安、驚き、嫌悪、恐怖など、さまざまな感情が私たちの内側で湧き起こります。これらの感情は私たちの心身に影響を与え、思考や行動にも大きな影響を及ぼします。しかし […]

続きを読む
アダルトチルドレン
アダルトチルドレンの8つの顔:深層に潜む心の葛藤と解放への道

アダルトチルドレンは、親の愛情不足や家庭内トラウマによって心に傷を負ったまま大人になった人々を指します。このブログでは、アダルトチルドレン8つのタイプに焦点を当てて、過去の傷が現在にどのような影響を与えて、どのような特徴 […]

続きを読む
生きづらさ
嫌われがちな不快でネガティブな感情にも役割がある

不快な感情が溜まりすぎると どんな感情が好きですか? どんな感情が嫌いですか? 不快で嫌われやすい感情は、怒り、不安、恐怖、でしょうか。 確かに、不安になるのは嫌ですよね。 怒りや恐怖は疲れますよね。 実は感情は嫌って無 […]

続きを読む
生きづらさ
自己効力感が高いと力が湧いてくる

自己効力感とは 自己効力感(じここうりょくかん) またはセルフ・エフィカシー(self-efficacy)とは、自分がある状況において必要な行動をうまく遂行できると、自分の可能性を認知していること。 自己効力感が強いほど […]

続きを読む
アダルトチルドレン
大人にだって心の安全基地は必要〜心の安全基地の構築と繋ぎなおし〜

安全基地とは 安全基地とは、発達心理学者のメアリー・エインスワースによって提唱された人間の愛着行動に関する概念です。安心感や心地よさが保証された関係性や環境を意味します。 つまり恐怖や不安など不快な感情を受け止め、安心感 […]

続きを読む
トラウマ
トラウマによる学習性無力感(学習性無気力)を克服するためには

学習性無力感とはつらい経験から学習して生まれた無力感のことです。 ポジティブ心理学の父セリグマンが名付けた概念で、学習性無気力とも言われます。 『虐待』『いじめ』『モラハラ』『DV』などにより、自分の価値や尊厳を傷つけら […]

続きを読む
解離性障害
解離性障害からの回復 〜統合してきた経験から〜

解離 解離は時に生存戦略として、本能的に行っている生きぬくための大切な力なのです。心や体の強烈な痛みなど、過酷な状況や圧倒的な痛みに直面した際、自己を切り離したりすることで自己を守ろうとします。 解離性障害は、重大なトラ […]

続きを読む
アダルトチルドレン
自己犠牲しない生き方がわからない方へ

あなたは誰のために、何のために、自分を犠牲にしてきましたか?守りたい大切な存在の為に自己犠牲をしてきたのかもしれませんね。 幼少期から続く自己犠牲 子供はみな、お母さんとお父さんや家族が大好きですね。その大好きなお母さん […]

続きを読む
アダルトチルドレン
生き方がわからない 頑張り続けたあなたへ

生き抜くために頑張るしかなかった 今まで、生き抜くためにとても頑張り続けてきましたね。 もしかしたら、本当の自分を押し殺して、なんとか踏ん張り生きてこられたのかもしれませんね。 仕事も家事もしっかりやらないと許されない気 […]

続きを読む
アダルトチルドレン
慢性的に責められているような感覚や罪悪感がある方へ 

自分をゆるせている? 「何をやっても、何をしてても責められている気がする」「存在に引き目を感じ、罪悪感がある」 とてもお辛いですね。呼吸を止めがちになり、ふとした時に重く深いため息が出たり、罪悪感で心が重く、何をしても楽 […]

続きを読む